モクテルとカクテルの違いとは?話題の新感覚のドリンク『モクテル』

モクテルとカクテルの違い

近年、健康志向の高まりと共に「お酒は飲めるけど、あえてお酒を飲まない選択」をする【ソーバーキュリアス】というライフスタイルが広がっておりお酒でもソフトドリンクでもない新感覚のドリンク『モクテル』が話題となりました。モクテルのみを提供するバーや居酒屋でもモクテルがメニューに登場したりと流行となっております。

車を利用する人や妊婦の方や飲酒ができない人から好評です。

では、前置きはここまで本題へ入りましょう!

モクテルとカクテルの違い

モクテルとカクテルの違いはアルコールが入っているか否かで「アルコールが入っていればカクテル」・「入っていなければモクテル」です。

モクテルの定義

モクテルの定義
モクテルの定義

カフェオレやミックスジュースも定義的にはモクテルとなります。

しかし、カフェオレはモクテルではありません。定義にはおさまらない違いがモクテルにはあります。

端的に言えば「カクテルを飲んでいるような雰囲気を味わえ、味わっている姿はカクテルを飲んでいるかのように見えるのがモクテル」です。

ジュースとモクテルの違い

ジュースは単品で構成されるものが多いのに対して数種類のジュースやフルーツ、シロップや割り材などを組み合わせて作った、複雑な味わいを楽しめる点も大きな違いの一つ。
ジュースは単品で構成されるものが多いのに対して数種類のジュースやフルーツ、シロップや割り材などを組み合わせて作った、複雑な味わいを楽しめる点も大きな違いの一つ。

ジュースは単品で構成されるものが多いのに対して数種類のジュースやフルーツ、シロップや割り材などを組み合わせて作った、複雑な味わいを楽しめる点も大きな違いの一つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。